Spresense

IoTに新しい価値をもたらすボード

Spresense は ソニーが開発したスマートセンシングプロセッサー 「CXD5602」 が搭載されたボードです。小さく省電力でありながら、パワフルで、あなたの思い描いたIoTシステムを Arduino IDE や専用のSDKを使って簡単に実現することができます。

  • GPS内蔵 - GPSとGLONASS を同時受信するマルチGNSS(Global Navigation Satellite System: 全球測位衛星システム)を内蔵しています。
  • ハイレゾリューションオーディオ機能内蔵 - 192kHz/24bit のオーディオコーデックとClass-Dのデジタルアンプを搭載、マイク入力も最大8チャンネルサポートできます。
  • マルチコアプロセッサ - Spresense のスマートセンシングプロセッサ- CXD5602 には、低消費電力で動作可能な、ARM® Cortex® -M4F が6つ搭載されています。

主な仕様

MainSpresense メインボード

型名
CXD5602PWBMAIN1
サイズ
50.0 mm x 20.6 mm
プロセッサー
ARM® Cortex®-M4F, 6 microcontroller cores
最大駆動周波数
156MHz
SRAM
1.5MB
フラッシュメモリー
8MB
デジタル入出力
GPIO, SPI, I2C, UART, I2S
アナログ入力(A/Dコンバータ)
2ch (0.7V range)
測位衛星システム
GPS(L1-C/A), みちびき(L1-C/A), GLONASS(L1), WAAS, みちびき(L1-S)
カメラ入力
Camera interface

NEWSpresense HDR カメラボード

型名
CXD5602PWBCAM2W
サイズ
28 mm x 28 mm
画素数
1280(H) x 960(V) 1.23M pixel
駆動電圧
DC 3.7V
IO電圧
DC 1.8V
カメラインターフェース
CMOS 8 bit parallel
出力フォーマット
Y/C, RGB and JPEG
制御インターフェース
I2C
フィルター
IR cut filter
FOV
50.3°±3°
焦点距離
5.1 mm(adjustable)
F値
2
レンズ径
M8 P0.35
その他機能
High Dynamic Range (120dB) レンズ交換可能 低照度撮影 接写機能

Spresense LTE 拡張ボードSpresense LTE 拡張ボード

型名
CXD5602PWBLM1JUL
サイズ
45mm x 50mm
搭載モジュール
LBAD0XX1SC(Altair Semiconductor製 ALT1250 Chipset 搭載 村田製作所製モジュール)
SIMカード
nanoSIM
RAT
LTE Cat-M1
対応バンド
1,8,18,19
アンテナ
オンボードアンテナ搭載
オーディオ入出力
2ch アナログマイク入力 or 4ch デジタルマイク入力、ヘッドホンジャック
デジタル入出力
3.3V と 5V を選択可能
アナログ入力端子
2ch(5.0V レンジ)

Spresense 拡張ボードSpresense 拡張ボード

型名
CXD5602PWBEXT1
サイズ
68.6 mm x 53.3 mm
オーディオ入出力
8ch digital microphone input or 4ch analog microphone input, headphone output
デジタル入出力
3.3V or 5V digital I/O
アナログ入力(A/Dコンバータ)
6ch (5.0V range)
外部メモリインターフェース
SD card slot

Spresense カメラボードSpresense カメラボード

型名
CXD5602PWBCAM1
サイズ
24.0 mm x 25.0 mm
画素数
2608(H) x 1960 (V) = approx. 5.11 M pixels
駆動電圧
DC 3.7V
IO電圧
DC 1.8V
カメラインターフェース
CMOS 8 bit parallel
出力フォーマット
Y/C, RGB, RAW and JPEG
制御インターフェース
I2C
フィルター
IR cut filter
FOV
78°±3°
被写界深度
77.5cm ~ ∞
F値
2.0±5%
焦点
固定焦点

※本製品は日本及び米国向けのみの販売です。