Embedded Technology 2018とは?

名称
Embedded Technology 2018/組込み総合技術展
IoT Technology 2018/IoT総合技術展
会期
2018年11月14日(水)〜16日(金)
会場
パシフィコ横浜

ET/IoT Technology 2018では、そのIoTの新潮流であるエッジコンピューティングをいち早くキャッチアップしコア技術である “エッジテクノロジー”にフォーカスをあて、その最先端情報を一望できる展示会として展開いたします。 キャッチフレーズは<ET×ET(エッジテクノロジー)>。
組込みとつなげる技術を背景に「エッジ領域でどこまでのことができ、どんなもの(新たな価値)を生み出せるのか」をテーマに置き、
テクノロジー視点にとどまらず、インダストリ、マーケット視点からの訴求を含め幅広い領域から最新トレンドを発信、 新たなIoTサービスの創出を強力に促進いたします。(公式サイトより抜粋)

コアスタッフについて

センサーデバイスやゲートウェイ開発の試作・量産製造まで、お客様のものづくりをサポートします。

当社コアスタッフは、半導体・電子部品・モジュール製品の正規販売代理店業務の他、通販サイト「ザイコストア」「ITストア」運営による部品調達から設計、EMS事業までを一貫して手がけています。
組み込みシステム開発メーカーのアットマークテクノをグループ企業とし、包括的なIoTプラットフォームの提供が可能です。 会場ではパートナー企業と共に、組み込みCPUボードをはじめとし、各種センサ・通信モジュールを展示いたします。

アットマークテクノについて

ARM+Linux組み込みプラットフォーム「Armadillo」のアットマークテクノが、
新しいIoTゲートウェイと組み込みCPUボードをご紹介します。

●定番「Armadillo-IoTゲートウェイ G3」が3G/LTE国内3キャリアに対応
●新・スタンダード「i.MX6ULL搭載Armadillo-640」従来製品と同形状でパワーアップ、省電力モード搭載
●アドオンモジュールで機能を追加できる・i.MX 7Dual搭載Armadillo-X1
●Armadilloエコシステムで周辺センサーなどもご提供
●「どう開発したら…」とお悩みの方に、Armadillo周辺の設計開発を承る「インテグレーションパートナー」もご紹介

協賛出展企業について

協賛出展企業一覧 SponsorExhibitor

ブースマップ

ブースマップ

ブース案内

パシフィコ横浜
弊社ブース番号:C-64

ブース案内マップ
パシフィコ横浜全体画像 パシフィコ横浜展示ホール   

<パシフィコ横浜>
最寄り駅:みなとみらい線・みなとみらい駅
JR京浜東北/横浜市営地下鉄・桜木町駅

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。